いくら食べても罪悪感ゼロ!冷凍豆腐でつくる低糖質チャーハン

ごはん大好きな村田家では、いろいろなものを食卓に並べて楽しむスタイルが常。
そのため、パスタ、オムライス、チャーハンのような、炭水化物 “ドーン” 料理を作って食べることはほぼありません。
が、無性に炭水化物 “ドーン” を食べたい時がやってきます。

でも、そんな時に一緒にやってくるのが、大量の糖質摂取による「罪悪感」・・・。

これをどうにかできないものか。

そんな思考から生まれたのが、今回紹介する「豆腐でつくる低糖質チャーハン」。

もりもり食べても罪悪感がなく、みんな大好きパラパラ仕様のチャーハンで、味も言うことなし!
チャーハン大好きなダンナが自画自賛する、自信作です。

 

用意する材料

【 食材(いっぱい食べたい人の1人前) 】

  • 冷凍木綿豆腐・・・大サイズ1丁(約300g)
  • 冷凍ご飯・・・豆腐の1/4くらいの分量
  • ネギ・・・1/2本
  • しょうが・・・2かけ
  • 塩昆布・・・大さじ1分くらい
  • (お好みで)桜海老や高菜など

 

【 調味料 】

  • ごま油
  • 胡椒

 

必要な道具

  • 包丁
  • まな板
  • 中華鍋orフライパン

 

つくり方

  1. 冷凍木綿豆腐を解凍し、水気をよく絞って、細かくちぎります。
    (↑の食材の写真は、すでに細かくちぎったもの)


  2. 冷凍ごはんを解凍しておきます。


  3. ネギをみじん切りにします。


  4. しょうがもみじん切りにします。


  5. フライパンを火にかけ、ごま油を熱します。


  6. 細かくちぎった冷凍木綿豆腐をフライパンに投入し、軽く焼き目がつくくらいに炒めます。




  7. そこに、解凍した冷凍ごはんを投入します。




  8. 冷凍ごはんがばらけたら、ネギと生姜を投入します。


  9. 香りが立ってきたら、塩昆布と残りの好みの具材を投入します。



  10. 塩昆布で味はついているので、最後に胡椒で味を整えて出来上がり!